生命保険

豊富な保険商品でお客様のニーズに、迅速・丁寧・誠実にお応えいたします。

< 目的 >
生命保険の選び方1|最初に考えるべきポイントと加入目的
死亡に備えた保障が欲しい場合
ケガや入院に対する医療保障が欲しい場合
貯蓄が目的の場合
生命保険の選び方2|いろんな保険から、自分にあった保険を選ぶ
保険の種類をあげてみました

生命保険の選び方1|最初に考えるべきポイントと加入目的

保険を選ぶ時は、まずご自身が保険に何を求めているかを自覚することが重要です。
そして、生命保険の役割は、主に3つあります。

  1. 死亡保障
  2. 医療保障
  3. 貯金

このいずれかで考えていただくのが基本になります。

死亡に備えた保障が欲しい場合

死亡保障とは、例えば「あなたが不慮の事故や病気で死亡してしまった場合に、残された家族に保険金という形でお金を残す。」というものです。万が一のことを考えて、死亡保障のある生命保険に加入しておくメリットは大きいと言えます。

ケガや入院に対する医療保障が欲しい場合

医療保障とは、病気やケガなどで入院してしまった場合のリスクに備えるものです。医療費は3割負担ですが、大きな手術ともなれば費用は高くなります。仕事も休むことになるので、安心して治療を受けられるためにも医療保障(医療保険)加入しておくメリットは大きいと言えます。

貯蓄が目的の場合

保険の貯蓄とは、老後のためのお金を貯めたいとか、子供の教育費に備えたいといった場合におすすめです。養老保険や個人年金保険、学資保険といった保険がこれにあたります。医療保障や死亡保障と貯蓄性の両方を兼ね備えた保険もありますの。

生命保険の選び方2|いろんな保険から、自分にあった保険を選ぶ

保険商品は、あなたが求める内容によって、加入すべき保険が変わるのが基本です。
まずは、ご自身の求める保障を確認して、その後に保険商品について調べていきましょう。

保険の種類をあげてみました

  • 医療保険
  • がん保険
  • 死亡保険
  • 個人年金保険
  • こども学資保険
  • 女性保険
  • 介護保険
  • 先進医療
  • 逓増定期保険
  • 逓減定期保険
  • 外貨建定額個人年金保険

お気軽にご相談ください。

生命保険の詳しい選び方について、正しい知識をご存知でしょうか。
生命保険に加入する際には、数多くの保険会社や保険商品があり、選ぶのはとても面倒です。

20代や30代でも未婚なのか既婚なのかでも必要な保障はだいぶ変わりますので、保険セールスマンの言うとおりに加入してしまい、損をしている可能性がある方も多くいらっしゃいます。

そんな損をしないために、ぜひ一度ご相談ください。